更年期障害

更年期とは

年齢とともに卵巣から女性ホルモン(エストロゲン)が分泌できなくなりそれを感じた脳がもっと仕事しなさいとどんどん命令を出してくる状態です。そのため脳と卵巣の調整がうまくいかず自律神経の調節がコントロールできなくなります。それを何事もなく乗り切れる人もいますが、のぼせ、不眠、うつ病やイライラなどの症状が前面に出る人もいます。それが更年期障害です。

女性ホルモン(エストロゲン)量の変化

更年期におこる女性の身体の変化

更年期とはエストロゲンの低下することによって生じるステージですので身体的にはエストロゲン不足による変化がおこってきます。エストロゲンはみずみずしさを保つホルモンですので、身体全体に乾燥状態がおこってきます。皮膚の乾燥、関節の乾燥、膣の乾燥もおこり萎縮性膣炎などをおこすと性交痛を伴うこともあります。エストロゲンはコレステロールの代謝にも関与している為、更年期以降は高脂血症にも注意が必要です。同じような食事同じような運動をしていても基礎代謝が低下しコレステロールの分解も出来にくくなるので動脈硬化になりやすくなります。そして更年期以降骨量も加速度的に低下します。骨量を保つためにはエストロゲンが必要だからです。

  • 更年期までは
  • 更年期になると

治療について

更年期障害はホルモンのアンバランスによって起こる症状ですので不足分を補うという治療法がホルモン補充療法です。基本的にエストロゲンを補えば症状は取りますが不正出血などの副作用を減らす為に、プロゲステロンを併用します。
更年期障害のメカニズムはホルモンのアンバランスを伴う自律神経失調症ですので漢方がとても良く効く方がいらっしゃいます。症状に合わせて処方いたします。
うつ症状、不安、動悸などが症状の前面に出る方には抗ウツ薬や抗不安薬を使うこともあります。

リラックスして健診・診療を受けられる環境をご用意しております。

詳しくはこちら

pagetop