婦人科一般

女性のライフステージに合わせて注意したい疾患

女性の一生にはエストロゲンというホルモンが深く関与しています。初経から更年期までのエストロゲンの働きによって月経周期がコントロールされています。その年代によっても注意する病気も変わってきます。

女性ホルモン(エストロゲン)量の変化

思春期に注意が必要な疾患

思春期はまだホルモンの働きが安定しない月経に伴う病気に気をつけないといけません。その中でも最近注目されているのが、生理痛です。生理とは毎周期子宮は妊娠の準備をしています。子宮内膜という血液の壁を作って受精卵が着床しやすくするように準備するのです。ところが人間は毎周期妊娠する訳ではないので、古くなった血液の壁を体外に出してリセットするのが生理です。子宮が収縮して血液の壁を絞り出すというイメージです。子宮が強く収縮するので当然生理は痛い訳です。生理痛には鎮痛剤や鎮痙剤がよく使われています。ところが生理痛の強い人は子宮内膜症の予備軍、子宮内膜症は不妊の予備軍と考えられるようになってきました。ウルトラ低用量の治療用のピルが将来の不妊を回避する有力な治療法として選択されることもあるのです。

対象となる疾患

成熟期に注意が必要な疾患

生理不順の方でPCOという卵巣とホルモンの病気の方がいらっしゃいます。生理不順は痛みや体調不良を伴うことが少ないので中々受診しにくい病気ですが、やはり2か月以上生理が来ない方は超音波やホルモン検査などで将来のリスクを知っておいた方が良いでしょう。

対象となる疾患

  • ・子宮の病気(子宮筋腫・子宮内膜症・子宮頸癌)
  • ・卵巣の病気(卵巣のう腫・チョコレートのう腫・卵巣癌)
  • ・膣の病気(カンジダ膣炎・細菌性膣炎)
  • ・外陰部の病気(バルトリンのう腫・ヘルペス・尖圭コンジローマ)
  • ・ホルモンの病気(PCO(多嚢胞性卵巣症候群)・高プロラクチン血症)
  • ・卵巣、卵管の病気(卵巣のう腫・卵管腫瘍)
  • ・不正出血(月経以外の出血)、おりものの異常
  • ・外陰部のかゆみ、違和感
  • ・下腹部の痛み、しこり
  • ・子宮の病気(子宮筋腫・子宮内膜症など)

更年期、更年期以降に必要な疾患

対象となる疾患

リラックスして健診・診療を受けられる環境をご用意しております。

詳しくはこちら

pagetop