人工妊娠中絶

当院の取り組み

●安全について
吸引法はWHOが安全性を認め、推進している手術法です。当院ではこちらの方法をメインで採用し、患者様の安全を第一に考え、経験を積んだ医師が手術を行っています。
また、中絶の際に用いる医療機器の洗浄・滅菌に時間をかけておりますのでご安心ください。
●痛みの少ない手術
当院では静脈麻酔という、点滴から麻酔薬を入れる全身麻酔で行う痛みを少なくする麻酔を使っています。
眠っているうちに手術が完了するため、痛みはありません。
●プライバシーを重要視した環境作り
相談室も完全個室をご準備しています。
完全個室のリカバリールームをご準備しています。

費用について

人工妊娠中絶の手術費用は、妊娠の週数や病院によって異なります。
各種料金は下記一覧をご覧ください。詳しい料金内容についてはお問い合わせください。

  • ※人工妊娠中絶手術は自費診療となります。
  • ※妊娠の診察を他の病院で受けていても手術する病院で再度妊娠確認の診察する必要がございますので、診察費用が発生致します。あらかじめご了承ください。
妊娠8週未満 120,000円
妊娠12週未満 150,000円

注意事項

  • ・当院では妊娠12週未満までの人工妊娠中絶を行っています。12週を超えてからの手術はお受けできません。あらかじめご了承ください。
  • ・手術前に診察・術前検査が必要なため、必ず来院していただく必要があります。
  • ・術前検査で感染症などが判明した場合には、お薬代が別途必要となります。
  • ・手術当日は朝から食事、水分は摂取を控えてください。

よくあるご質問

●中絶手術を受けたいときは、まずどうすればいいですか?
中絶手術は母体保護法指定医のみに許されています。
まずは母体保護法指定医師に受診・相談し、正しい施設で適切な診断・治療を仰いでください。
●子宮筋腫があったり、帝王切開をしたりしていても大丈夫ですか?
合併症の有無や帝王切開の経験は大きなリスクファクターです。
週数が進む程、リスクが高くなりますので早目に受診してください。
合併症の症状によって関連施設へ紹介させて頂くことがございますのでご了承ください。
●中絶すると妊娠しにくくなってしまうのでしょうか?
心配しなくても大丈夫です。
ただし、以前からある感染症が悪化したり、手術後のケアが不十分で感染症になったり、中絶手術を繰り返して癒着がある場合は注意が必要です。
●手術後にはどのような症状が起きますか?
手術当日は麻酔の影響で活動できなくなります。手術後数日は、生理痛程度の軽い腹痛がある場合もありますので、子宮の回復状態を診るため手術後指定された日に来院していただきます。
●手術後の入浴はできますか?
手術後1週間前後はシャワーのみとなります。手術後の診察で問題なければ、浴槽に浸かっても問題ありません。
●スポーツや性行為はいつからできますか?
手術後の診察で問題なければ、徐々に通常の生活に戻していっても大丈夫です。性行為を行う場合は避妊の目的で低用量ピルの内服をお勧めします。
●ピルとサプリ・他のお薬は一緒にのんでもよいですか?
薬の中にはピルの効果に影響を及ぼしたりする場合もあるので、病気で医師の薬を処方してもらう際にはピルの服用中であることを伝えましょう。
●生理はいつから来ますか?
1ヵ月から2ヵ月の間に始まることが多いです。2ヵ月以上経過しても生理が来ない場合は受診してください。

リラックスして健診・診療を受けられる環境をご用意しております。

詳しくはこちら

pagetop